ありえないことをVRで楽しむことができる

VR(バーチャルリアリティ)の話題は、遊園地などのアトラクションスポットにまで及びます。
例えば、絶叫スポットに足を運びたい気持ちがあるものの、リアルな世界では高所恐怖症という問題も少なくありません。
だからこそ活用されてるのが、VRです。
3Dの映像を手軽に鑑賞できるゴーグルを装着するだけで、そこにモノがあり、人がいる、そうしたリアリティーが体験できます。
例えば、通常ならば液晶モニターを何台も使いキューブシステム映像を楽しむのもありですし、スクリーンが利用されるのが一般的ですが、見たこともない異次元空間を浮遊することは難しいはずです。
しかしVRならば、身体も宙を浮いているかのような錯覚を覚えることができ、VRゴーグルをかけることで未体験アトラクションとして楽しむことができます。
また、劇的に美しい、そうした映像や音響も魅力です。
もちろん、1人の世界観から共有できる世界、バーチャルでありながらも今話題騒然となるマシンです。